「普天間先延ばしなら、6月に議員辞職」下地氏(読売新聞)

 国民新党の下地幹郎国会対策委員長(沖縄1区)は1日の衆院予算委員会で、米軍普天間飛行場の移設先に関し、「鳩山首相が5月末までに判断せず、先延ばしすれば、沖縄選出議員として6月1日に衆院議員を辞める」と述べた。

 首相は「5月末(に結論を出す)とそれなりの覚悟をもって申し上げている。外交の最大テーマと位置づけ、結論を出す」と応じた。

公金800万円プール 大阪・高槻市交通部 余剰金でマッサージチェア(産経新聞)
小笠原諸島の南鳥島に津波第一波、10cm(読売新聞)
「重症患者引き受ける体制を」=搬送拒否で裁判長付言−遺族請求は棄却・大阪地裁(時事通信)
小沢氏の自発的辞任に期待=参院選への影響懸念−前原氏(時事通信)
仙谷大臣、学生時代の“窃盗”告白 薬局の「ケロちゃん」失敬(産経新聞)
[PR]
by vnv3eys9pc | 2010-03-07 00:36
<< 橋下知事、朝鮮学校視察へ 無償... 五輪閉会式視聴率10.7%=関... >>