<北海道駒ケ岳>一部入山許可 噴火以降11年8カ月ぶり(毎日新聞)

 北海道駒ケ岳(1131メートル)の一部が6月から入山許可されることが30日決まった。98年の噴火以降、入山が全面規制されており、規制の緩和は11年8カ月ぶり。

 駒ケ岳は00年まで小噴火をくり返し、01年以後は小康状態が続いている。このため、駒ケ岳火山防災会議協議会などが「最後の小噴火から10年以上が経過し、火山活動が静穏になっている」と判断した。

 入山が許可されるのは登山道4本のうち「赤井川登山道」。6〜10月の土日祝日の午前9時〜午後3時で、7月24日〜8月17日は毎日許可される。

 森町と鹿部町、七飯町の観光協会などが規制緩和を求めていた。【佐藤心哉】

パンダが自然交配=順調なら7〜9月出産−和歌山(時事通信)
緊張感なさすぎる…若林氏失態、若手ら落胆(読売新聞)
与謝野・平沼氏が共同代表…新党合意(読売新聞)
第一生命上場、大いに期待=官房長官(時事通信)
<東アジア戦略概観>駐留なき安全保障 防衛研が否定的見解(毎日新聞)
[PR]
by vnv3eys9pc | 2010-04-05 14:54
<< 仕分け第2弾、ネット生中継は1... <教科書検定>ページ25%増「... >>