<カンヌ映画祭>最高賞にタイ映画の「アンクル・ブンミ」(毎日新聞)

 【カンヌ(南仏)鈴木隆】南仏・カンヌで開かれていた「第63回カンヌ国際映画祭」は23日夜(日本時間24日未明)、最高賞のパルムドールにタイ映画の「アンクル・ブンミ」(アピチャッポン・ウィーラセタクン監督)を選んで閉幕した。

 北野武さんが監督、主演し、日本映画としては3年ぶりにコンペティション部門に出品されたヤクザ映画「アウトレイジ」は受賞を逃した。

【関連ニュース】
【関連記事】カンヌ映画祭:「アウトレイジ」上映 北野監督姿見せ満席
<関連記事>北野武監督「ざまあみやがれ」 笑顔でカンヌから帰国
<関連記事>カンヌ国際映画祭:コンペ、少ない刺激的な作品 北野武作品には賛否両論−−中間報告
<関連記事>北野武監督「お客をKO」も…雑誌では低評価
<関連記事>北野監督12年越しのリベンジへ「進化」

鳩山内閣評価11% 東北・市町村長、本社アンケート(河北新報)
口蹄疫 ワクチンの接種開始 家畜20万頭を対象に(毎日新聞)
少女12人の裸撮影=英会話教室経営の米国人追送検―福岡県警(時事通信)
取り調べ監督官 不適切行為14件発覚 警察の新制度で(毎日新聞)
「みんなが顔を見るぞ」と脅し 性犯罪、被害者保護に課題 (産経新聞)
[PR]
by vnv3eys9pc | 2010-05-28 18:58
<< 首相辞任 「朝、連絡があった」... 障害者施設に車突っ込み男女5人... >>