鳥取連続不審死 女と同居の男が関与示唆する供述(産経新聞)

 鳥取市の元スナック従業員の女(36)=詐欺罪で起訴=と接点のある男性が相次ぎ不審死した事件で、女と同居し、詐欺罪で起訴された元自動車販売会社員の男(46)が、昨年10月に鳥取市内の川で遺体で見つかった自営業、円山秀樹さん=当時(57)=の不審死への関与をほのめかす供述を始めたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。

 鳥取県警は、詐欺容疑での4回目の逮捕の拘留期限となる14日にも2人を別の窃盗容疑で再逮捕する方針を固めているが、今後殺人容疑でも本格的に取り調べ、全容解明を進める。

 捜査関係者によると、女は詐欺容疑での取り調べには応じているが、不審死への関与については否定。男は、円山さんが亡くなったとみられる昨年10月6日から翌7日の間に女と別行動していたとの趣旨の供述もしているという。

 2人は、円山さんから購入した家電製品の代金約140万円を支払っておらず、金銭トラブルになっていた。円山さんは6日朝、家族に「集金に行く」と家族に告げて車で外出。7日午後、自宅から約5キロ離れた鳥取市の摩尼川で遺体で発見された。

【関連記事】
鳥取連続不審死 円山さん殺害容疑で立件へ 薬の成分一致
鳥取連続不審死 詐欺容疑でスナック従業員の女ら3度目逮捕
匿名か実名か、分かれた報道対応 鳥取連続不審死
第2の埼玉・鳥取不審死が見過ごされる…解剖医、深刻な不足状態
婚活サイトの悩みの種 “勘違いセレブ女”増殖中

家庭教師募集中!
もうすぐ1年カウンセラー奮闘記
債務整理無料相談
携帯ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
[PR]
by vnv3eys9pc | 2010-01-13 18:27
<< 西日本から北日本にかけての日本... 小沢氏、事情聴取要請に関する質... >>