西日本から北日本にかけての日本海側で大雪(読売新聞)

 日本の上空に強い寒気が流れ込み、日本付近は強い冬型の気圧配置となっている。

 14日は、西日本から北日本にかけての日本海側で大雪となる見込みで気象庁では警戒を呼び掛けている。

 同庁によると、西日本の日本海側では14日昼頃にかけて、北陸地方と東北地方の日本海側は同日夕にかけて、北海道の日本海側では同日夜にかけて大雪となる見込み。

 15日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも山沿いの多いところで、北陸地方で70センチ、東海地方(岐阜県)で60センチ、北海道の日本海側で50センチ、東北の日本海側、関東甲信地方(長野県・群馬県)、近畿北部で40センチ、中国地方(山陰)で20センチ、九州北部で10センチの見込み。

昭和JAMP
最近の獣医事情
携帯ホームページ
自己破産
無料携帯ホームページ
[PR]
by vnv3eys9pc | 2010-01-14 11:33
<< 【お財布術】「カーシェアリング... 鳥取連続不審死 女と同居の男が... >>