水俣病未認定訴訟、和解勧告へ=原告と国、主張隔たり−今後の協議難航も・熊本地裁(時事通信)

 水俣病未認定患者でつくる「水俣病不知火患者会」(熊本県水俣市)の約2000人が国や県、原因企業チッソを相手に損害賠償を求めた集団訴訟の口頭弁論が22日、熊本地裁で開かれる。高橋亮介裁判長が和解勧告する見通しで、和解に向けた本格的な協議が始まる。
 水俣病訴訟で、国が和解勧告に応じるのは初。救済対象の認定方法や補償内容について、双方の主張には隔たりがあり、今後の和解協議は難航が予想される。 

【関連ニュース】
水俣病、来年5月に救済開始を=環境副大臣
追加提訴で原告2000人超える=水俣病集団訴訟
水俣病集団訴訟、県が和解意向=知事「国と連携し対処」
未認定患者ら、全員救済求める=新潟水俣病4次訴訟

<訃報>伊能陽子さん75歳=伊能忠敬研究会顧問(毎日新聞)
陸山会事件、党は調査せず=不動産所有「倫理の問題」−鳩山首相(時事通信)
<国家公務員法改正案>骨子まとまる 幹部人事を官邸で管理(毎日新聞)
東京・江戸川の郵便局強盗 容疑の男逮捕(産経新聞)
捜査介入のつもりない=「不起訴望む」発言で釈明−鳩山首相(時事通信)
[PR]
by vnv3eys9pc | 2010-01-29 18:14
<< 「マンション投資より儲かる」携... 鳩山内閣、占星術的にはほぼ完璧... >>