「信じて」発言、誤解与えた=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は28日午前の参院予算委員会で、昨年11月の日米首脳会談でオバマ大統領に「トラスト・ミー(わたしを信じて)」と語ったことについて、「私を信頼してほしいという意味だが、先方がどのようにとらえたか。若干の誤解を与えたかもしれない」と述べた。自民党の山本一太氏への答弁。
 首脳会談では、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、オバマ大統領が日米合意の早期履行を要求。米側は、首相の発言について「現行計画を容認した」と受け取ったとされ、首相が移設先を再検討していることに失望感が広がっている。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜石川議員、小沢氏に収支概要報告〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
【特集】オバマ語録
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜

<シンポジウム>困窮の子ども救済目指し開催 330人参加(毎日新聞)
「信じて」発言、誤解与えた=鳩山首相(時事通信)
秋葉原殺傷、28日に初公判=責任能力が最大争点−異例の長期審理へ・東京地裁(時事通信)
サル ナベ、地位捨て恋に走る 新たな群れで奮闘中 大分(毎日新聞)
強姦致傷で懲役9年=一部否認の裁判員裁判−静岡地裁(時事通信)
[PR]
by vnv3eys9pc | 2010-02-03 19:14
<< 給食費未納者の子ども手当減額、... 「未公開株」被害者の名簿流出か... >>